フィールサイクル Mioのプレミアム感がハンパない

今年に入ってからのフィールサイクルねたは、他にもあるが、とりあえず、旬な話題?と思われるものから。

いつも仕事終わりの夜に参加しているフィールサイクルですが、今回は予定もあったので午前中に参加してみることになりました。なので、自分としては、空いている時間だから予約したのであって、狙って予約したわけではないのですが、平日の午前中だというのに満員という異常っぷり。

なんか変だなぁと思っていたのですが、前日のレッスンで、「明日はMioが来るので、お楽しみください。といっても予約はもういっぱいですが、、。」というので、なるほどそういうことか、と思いました。

こうして、話題のレッスンに参加することになったわけです。参加している人は、待ってましたとばかり拍手喝采。どうやら前に池袋店で担当していたらしいから、懐かしいということなんでしょう。曲が1曲1曲終わるたびに、奇声やら拍手が起こる。

個人的には、特に誰と比べて何がすごいという感じはしなかったのですが、初めての体験をしたものがありました。それは、インストラクターの所も照明を落として「本当に真っ暗にしてしまうこと」でした。光っているのは、音響機器のボタンだけ。

おいおい、動きがわかんねーぞ、と思って一瞬不安になりましたが、まぁ難しい動作をするわけでもないので、集中してペダルをこげるのでいいのかも。なるほど、こういう演出もベテランインストラクターさんの成せる業なのかもしれません。

とにかく凄い汗をかきました。振り返ってみると、これはBB2 Hit4。そうこれは、以前に挑戦して「死亡」したプログラム。今では難なくこなせるようになっている。あるいは、Mioだったから!?

それにしても、Mioにしても、Webの写真から受けるイメージより、全然小さくて可愛らしいイケている人だったなぁ。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ