フィールサイクルを賢く使ってみよう(トレーニングウェア編)

フィールサイクルを初回体験した時は、BB1で十分(つか無理!)と思っていた私ですが、3回目くらいからは、早くも物足りなくなってきました。

池袋店では、同じBB1の中でもHit4とHit8の二種類があって、どうやらHit8は一番楽なプログラムだそうな。ホームページでも、Hit1~7の強度は記述されているけれども、Hit8は書いていない。初心者の中の初心者向けのプログラム、という位置づけなのでしょうか。

私が初めて受けたレッスンもBB1 Hit8だったので、これでぜーぜーなら、他のBB1以外のプログラムなんてとんでもない!、と思っていたわけです。ですが、BB1 Hit4も受けてみてみると、なんかいけそうだ、と思えてきて、もう一度BB1 Hit8を受けてみると、確かに物足りない感が少し出てきました。

いいぞ、おいらの体は、確実にフィールサイクルに追いついてきている!

そんな風に気を良くした私は、4回目にBBWというウェスト中心のプログラムにも参加してしまいました。確かに疲れるが、絶対ダメ-という感じでもない。まだいけそうだ。次は、BB2にトライしてみようと思っている次第。

しかし、なんというか、実際のところ一番キツイのは、バイクをこぐことよりも、ダンベル運動が入った時なんです。これが最後に方に必ず入っているのですが、ここでのバテ具合で決まってしまう感じです。いやしかし、あらためて、女の子すごいなぁー、ひょいひょいとこなしてます。。。

さて、またまた前段が長かったですが、今回はトレーニングウェアについて考察したいと思います。といいますか、考察ってほどではないです。あまり考えることなく、私の中ではもう決まっています。

「間違いなくレンタルウェアがいいでしょう」
(ただし、metaboの個人的主観です)

確かに、自分でウェアを用意すれば、200円を払わずに済むので、多少お得かもしれません。たぶん、私が週一だけ通うことを考えたならば、以下のようなウェアを買って通っていたことでしょう。少なくとも普通のジムに通うには、そういうことになると思います。

(買うなら、やっぱりNIKEのDri-fitかなぁ、と)

しかしです。週に2回か3回行こうと思っている場合は、毎回洗濯しても恐らく間に合わず、何個かセットが必要でしょう。それにシャツと短パン両方を持つと、それなりにがさばります。

逆説的になりますが、普通のジムに行った場合を考えると、何とか荷物を減らしたいと思って、ロッカーの契約をしたりレンタルタオルにしたりするわけです。でも、それでもウェアのレンタルなんて、そうそうないわけです。それだけは、毎回自分でうまく調整しながらロッカーに置くなり、毎度持参するなどしないといけないわけです。そういうことは、少なくとも私にとってはストレスに思うところでした。しかし、しかし、フィールサイクルには、レンタルウェアがある!これは、もったいないということではなく、素晴らしいオプションだ!と私は驚嘆してしまっています。なので、200円くらいであれば、利用していきたいなと思っているわけです。

というわけで、考察というより、ただの主観で終わってしまい、恐縮です。でも、そう思いません?(私だけ?)

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ